コンテンツ



日本人の健康志向とテレビの威力はすさまじいものがあります。
テレビで「○○が体に良い。」と言われれば、すぐにスーパーでは品薄状態になります。
そんな体に良い食品の中でも、バナナはダイエットにも健康にいい食品としても取り上げられ、時折スーパーの陳列台から姿を消してしまいます。
今言われているバナナの健康にいい理由とは、バナナは小腸だけでなく血液のコレステロールにも効果があり、デブの脱却にもよいと言われています。また、バナナ1本分のカロリーは、お茶わん一杯分のご飯よりも少ないとのことで、カロリーを抑えた間食として優れていると言われています。バナナなどの体にいいのもを食べ、コーヒーなどのダイエット効果のあるものを飲み、ウォーキングの様な毎日適度な有酸素運動をしていれば、内臓脂肪症候群になることはないはずです。

近年、体にいい食べ物で、手に入りやすいもの。として有名になったのがサバ缶(サバの缶詰)です。
バナナ同様スーパーから瞬く間に姿を消したものの一つです。現在ではちゃんといつもの定位置にサバ缶は存在するようになりましたが、一時のブームの影響からか、サバ缶の味付けに新しいものが見受けられるようになりました。
安価でおいしいサバ缶。料理のバリエーションも豊富で、なおかつ体に良い。青魚に多く含まれているEPAが、ダイエットをした後のリバウンドをしにくくする。EPA以外にも、ダイエットを助けるホルモンを調整してくれる作用のある物質が含まれている。
他の青魚でも同じような働きをするのに、なぜサバ缶が取り上げられたのか?それは、生のサバを缶詰にし、その後加熱調理を行う、サバ缶の製法に秘密がありました。栄養素を逃がすことなく缶詰の中に。これが取り上げられた理由の様です。

食べ物も運動も毎日の積み重ねが、健康な毎日を送るには必要です。



りんく

#看護師になるための求人募集情報はここを確認!
仕事がらダイエットの難しい、看護師さんにお薦めのダイエットを紹介しています。

#いい歯科選びnavi
歯を大切にするためには、信頼のおけるいい歯医者を知っておく必要あります。いい歯医者の探し方を紹介しています。




健康センスアップニュースAll Rights Reserved.